ミスニコルのアメリカンライフ

アメリカ、ロサンゼルス近郊のアーバインからミスニコルが情報発信するブログ

ロサンゼルスのお天気 観光におすすめの時期

昨日の夜からロザンゼルス周辺は大雨。今日もどこへも出かけず家にこもっているニコルです!

 

日本の台風ももちろんすごいのですが、ロサンゼルスの雨もすごい勢いがあり、いつも驚いてしまいます。

 

今回はロサンゼルスのお天気と、雨の恩恵にについてシェアしたいと思います!

 

雨粒がたくさん付いた窓

 

 

 

ロサンゼルスで豪雨発生

 写真だと大雨の状況がよくわかりませんが、とにかくすごい雨ってことでiPhoneにアラートが出ました!

 

アラートのスクリーンショット

 

  大雨の時は洪水の恐れがあるのでスマートフォンに警報が表示されます。

この表示、今回の雨季に入って3回目です。

 

ロザンゼルスには雨季があって10月から4月の間にほとんどの雨が降り終わってしまうんです。夏の間はほぼ雨は降りません。

 

私がニューヨーク近郊から引越して来た夏の7月〜9月の3ヶ月間、見事に1度も雨が降りませんでした。(汗)

 

普通に考えたら水不足にならないのかなと心配になるレベルですよね。

 

近くにある水路の写真を撮ってみました。水がチョロチョロくらいしか流れていなくて水たまり程度です(汗)

 

遠くの山火事の煙が流れている空と乾いた水路



 写真を撮った日は夏だったのですが、乾燥が続いていたせいで、サンディエゴ方面の内陸あたりで山火事も発生していました。

 

ロサンゼルスは全体的に夏の間に雨があまり降らず、常に乾燥しているのでこういった山火事のニュースを何度か見かけます。

日本でもカリフォルニアの深刻な山火事のニュースがたまに流れたりしていますよね。

 

対照的に雨期の雨の勢いはすごいです。長い時間降り続いたり、激しく降ったり。

雨の勢いがすごくてアパート1階の駐車場が水浸しになってしまうくらい。

 

水浸しになった立体駐車場

 

 でも雨が降ってくれたことで良いこともあるんですよ。

 

近くにサンドキャニオンと言う街があるのですが、ほとんどが砂地でこの時期の雨のお陰でこんなに緑に覆われました。

 

砂漠のようなサンドキャニオン

↓↓↓

 

緑豊かになったサンドキャニオン

 

また雨季が終わると20度以上の日が多くなり気持ちの良い季節が始まり夏になります。

 

日本のように湿度がないので風が吹くと、「幸せ〜」と心の中で呟いてしまうほど、気持ちが良いです♪ 

 

 

まとめ

ロサンゼルスは日本とは違って雨季にほとんど雨いが振ってしまうため、ご旅行で来られる方は雨期は避けた方が楽しめると思います。降る時はザーッと豪雨になったりするのでせっかくの旅行が雨では観光するのも大変になってしまいます。

 

おすすめの時期は4月〜9月の春と夏の終わり頃です!

真夏も日差しは強いですが、日本のような湿度がないためそれほど不快には感じないと思います。

 

夏の暑さも慣れてしまえばとっても快適で、海沿いのエリアなら涼しい風が吹いてとっても気持ちが良いんですよ〜。

 

 

ではまた次回、ミスニコルのアメリカンライフでお会いしましょう〜!!